てんかんinfo

てんかんを知りたいあなたのために

てんかんとは

妊娠について

てんかんを持つ患者さんは病気を理由に子供を持つことに悩んでいる方も少なくないでしょう。

妊娠する前に考えること

妊娠前から妊娠に向けて気を付けていれば、妊娠してから対応するよりも胎児や自分自身に影響が少なくて済みます。ここではそのお話をしましょう。

1)妊娠可能年齢になった時の注意

妊娠可能年齢の方で、パートナーがいらっしゃる方は妊娠する可能性があると考えておく必要があります。
またパートナーとの話し合いの結果、子供を望むのであれば、まずはそのことを医師に相談してください。安全・安心な妊娠・出産をするためには主治医とよく話し合い、医師から折りに触れて色々な指導や注意を受けることが重要です。
あなたが妊娠を望んでいると知った主治医は、現在服用しているお薬について、将来妊娠したときの胎児への影響を検討し、場合によっては飲む薬の量や種類を見直すこともあります。自分の判断で飲んでいる薬の量を減らしたり、飲むのを止めてしまうのは、大変危険です。まずは、医師の指示どおりに服薬して、自分自身のてんかん発作をコントロールするようにしましょう。

2)妊娠に向かって準備することは何でしょうか?

てんかんの重篤度及び実際に赤ちゃんを育てながらの生活が可能かなどについて、ご家族を交えて主治医と相談しながら、妊娠・出産が現実的であるかを判断していきます。
最終的な決定はご本人に委ねられますので、実際に協力してもらうことになるご家族とよく相談することが大切です。なるべく時間をかけて(できれば妊娠の6ヵ月~1年以上前)準備することをお勧めします。
主治医から伝えられる妊娠に関する情報には以下のようなものがあります。これらは発作の種類や患者さんにより異なります。説明を良く聴いて、わからないところは積極的に質問し、良く理解して判断の材料にしましょう。

妊娠に際して主治医から得られる情報の例

  • 妊娠中における発作の起こりやすさの変化
  • 胎児に対する抗てんかん薬の影響
  • 妊娠から出産に至る道筋
  • 新生児への抗てんかん薬の影響
  • 産後の経過
  • てんかんの遺伝性
  • 子供の発達について
  • その他