てんかんinfo

てんかんを知りたいあなたのために

診断と治療

てんかんの診断に用いられる検査

てんかんは「てんかん発作」が繰り返し起こる病気であることから、発作を確認することが基本です。てんかん発作の繰り返しは、問診と脳波などにより確認します。また、てんかん以外の病気による発作を除外することも重要です。

てんかんに用いられる治療薬

てんかんは、主に抗てんかん薬により治療します。抗てんかん薬はてんかん発作を起こさないように、大脳の過剰な電気的興奮を抑える働きをもっており、発作を起こす可能性のある間は、続けて飲む必要があります。

外科手術

最近は手術が可能な患者さんには積極的に脳の手術をするようになってきました。外科手術が行われる条件などをご紹介しています。

その他の治療法

迷走神経刺激療法、ケトン食療法、ACTH療法といった、投薬、外科手術以外の治療方法についてご紹介しています。