てんかんinfo

てんかんを知りたいあなたのために

よくあるご質問

基本的な質問

てんかんは遺伝しますか

少数のてんかん症候群を除き、多くの場合てんかんは遺伝しません。「てんかん発作の起こりやすさ」は遺伝する可能性がありますが、この場合でもてんかんを引き起こす別の原因があって初めて発症すると考えられます。また、脳の損傷によって起こるてんかん(症候性てんかん)は遺伝しません。
ただ、てんかんが遺伝するかどうかは妊娠中の人だけでなく、結婚する人にとっても大変重要な問題ですので、「遺伝カウンセリング」を受け、相談に乗ってもらうとよいでしょう。

遺伝カウンセリングとは

ある遺伝子の異常で起きる遺伝病や先天異常について、患者やその家族の疑問に応え、相談に乗ってくれるカウンセリングです。現在では「認定遺伝カウンセラー」という遺伝病専門のカウンセラーの養成が進んでいます。

てんかんは治る病気ですか

てんかん発作の70〜80%は抗てんかん薬や外科治療によって止めることができるといわれていますが、てんかんのタイプによって治りやすいものと治りにくいものがあります。てんかんは1人1人異なっていますので、例外もありえます。今後の見通しについては主治医に尋ねてみましょう。

治るタイプ

良性小児てんかん
通常成人になるまでに完全に治ります。
欠伸発作
大部分は成人になるまでに治り、特に全身けいれんなどの発作がないものほど治りやすいことが知られています。
成人の側頭葉てんかん
80%は薬で発作を抑えることが可能です。

完全に治るわけではないが、症状をなくすことが期待できるタイプ

若年ミオクロニーてんかん(JME)
抗てんかん薬によって症状を抑えることが可能ですが、薬を中止すると5年以内の再発率が75〜100%といわれています。勝手に薬を中止せずに、主治医の先生の指示に従いましょう。

治りにくいタイプ

ウエスト症候群、レノックス・ガストー症候群
発作は治療にある程度反応しますが、完全に治ることは難しいタイプです。
側頭葉てんかん
側頭葉てんかんの一部に完全な発作の抑制が難しいタイプがあります。

治療にはどのくらいの時間がかかりますか

治りやすいてんかんのタイプであれば20歳になるまでに薬を中止できます。基本的に、発作が治まって2年経過すれば薬の減量を検討します。減量中は定期的に脳波検査を行い、発作がなく、脳波にも異常がなければ半年程度かけて薬をやめます。
しかし、小児では11〜36%、成人では21〜66%が治療中止後1~2年間に再発することが知られているので、できるだけ長く、きちんと服薬することが重要です。

てんかんに特別な食べ物はありますか?

栄養のバランスがとれた規則正しい食生活と健康な生活習慣は発作の抑制を維持するために重要です。