てんかんinfo

てんかんを知りたいあなたのために

よくあるご質問

妊娠・出産について

抗てんかん薬は妊娠中に飲んではいけませんか?

妊娠や出産に対して、発作と抗てんかん薬のどちらがより影響があるかが問題になります。抗てんかん薬を服用すると、一般的に先天性の異常を持った子どもが生まれる可能性が高くなりますし、妊娠中に全般性のけいれん発作が起きると切迫流産や切迫早産などの原因となる可能性があるからです。
ただ、抗てんかん薬による先天異常は口唇裂、口蓋裂などの小奇形が多いとされています。

妊娠に際し、次のような注意が必要です。

  • 抗てんかん薬はなるべく1種類だけで治療する
  • 先天異常が起こりやすい抗てんかん薬を前もって他の抗てんかん薬に変更しておく
  • 危険な抗てんかん薬の飲み合わせはしない
  • 服薬量をできるだけ少なくする
  • 葉酸が低下したときには補充する

以上の処置をすることで、妊娠・出産に対する薬の危険性をかなり防ぐことができます。薬に対して過剰に心配するのではなく、妊娠前から主治医と十分相談し、時には妊娠前カウンセリングを受け、疑問や不安を十分に解消することも必要です。

妊娠中に気をつけることはありますか?

胎児に対する影響を気にするあまり、抗てんかん薬を服用するのをやめたり、量を減らしたりすることで、発作が誘発される可能性が高まりますので、自分の判断だけで薬の量を加減することは絶対にしないでください。妊娠中もきちんと服薬し、ストレスの少ない生活をすれば、約80%の人は妊娠前と比べて発作の頻度は変わりません。
ただ、妊娠中は抗てんかん薬の血中濃度が低下することがありますので、定期的な検査を行うことが必要です。発作が増えたり、抗てんかん薬の影響が心配なときは主治医とよく相談し、疑問や不安を解消しましょう。

抗てんかん薬を飲んでいますが、授乳をしてもよいでしょうか?

抗てんかん薬によっては母乳中へ移行する抗てんかん薬の量が異なります。自分の飲んでいる薬が赤ちゃんに影響を与えないかどうか主治医に相談しましょう。