てんかんinfo

てんかんを知りたいあなたのために

暮らしサポート

旅行・レジャー

旅行について

旅行など楽しい行事は生活に潤いが出ますし、気分転換にもなりますので、積極的に出掛けましょう。ただし、次のことに注意が必要です。

旅行の前に気をつけること

  • 規則的な生活を送り、服薬を指示どおり続けましょう。
  • 睡眠リズムの変化や疲労は、発作を誘発する恐れがあるため、睡眠時間を十分とることができる、無理のないスケジュールを立てましょう。
  • できれば、1人だけの旅行は避けましょう。

主治医にお願いすること(海外旅行)

  • 海外旅行に行くときは、病名と飲んでいる薬の内容を一般名で書いた英文の証明書を書いてもらいましょう。税関で、抗てんかん薬が覚せい剤などではないことの証明になるとともに、万一、外国で医師に診てもらう場合に役立つからです。

ジェットコースターなど

  • ジェットコースターやお化け屋敷などの精神的不安・緊張を著しく高める遊びは避けましょう。

薬について

  • 薬は予定より多めに持参しましょう。
  • 現在飲んでいる薬の処方せん、家・病院への連絡方法を書いたメモを身につけておきましょう。
  • 便秘・発熱・睡眠不足対策のため、緩下剤、解熱剤、睡眠剤なども持って行った方がよいでしょう。

同伴者にお願いすること

  • 発作の症状や発作が起こったときの対処方法を同伴者に教えておきましょう。