てんかんinfo

てんかんを知りたいあなたのために

診断と治療

長時間記録ビデオ脳波モニター検査

注意しないと見過ごされる発作が潜んでいたり、思いもよらない症状がてんかん発作による場合のことがあります。その場合、ビデオ撮影による発作の状況と脳波を同時に記録できる「長時間記録ビデオ脳波モニター検査」が役に立ちます。この検査は専門病院でなければできない検査なので、てんかん専門医の受診が勧められます。
この検査では脳のどの部分から発作が始まり、どのように拡がっていくかということが確認できるため、手術に必要な情報を得るために行われることもあります。

この検査は夜間も通して通常、記録するため入院する必要があります。脳波を連続して記録しててんかん発作が起こるのを待ちますが、寝たままの状態ではなく自由に動くことができますので、患者さん本人の負担は少なくて済みます。

長時間記録ビデオ脳波モニター検査

長時間記録ビデオ脳波モニター検査