てんかんinfo

てんかんを知りたいあなたのために

診断と治療

抗てんかん薬の分類

てんかん発作は、大脳の神経細胞の過剰な電気的興奮と、その興奮が広がることによって起こりますが、抗てんかん薬はこの「興奮系」を抑えるタイプと、興奮の広がりを抑える「抑制系」の働きを強めるタイプがあります。
なお、新しい抗てんかん薬には、これまでとは違った働きをする薬もあります。

(1)薬の作用機序からみた抗てんかん薬

興奮系の働きを抑える抗てんかん薬

神経細胞は、ナトリウムイオンやカルシウムイオンが細胞の膜を通過して細胞内に入ることで興奮します。これらのイオンの動きを抑えることにより、過剰な興奮が起こらないようにします。

  • フェニトイン
  • カルバマゼピン
  • バルプロ酸
  • ゾニサミド
  • エトスクシミド
  • トピラマート
  • ラモトリギン
  • ペランパネル

など

抑制系の働きを強める抗てんかん薬

脳の中にはGABA(ギャバ)という興奮を抑える働きをもつ物質がありますが、抑制系を強める抗てんかん薬はGABAの働きを強め、てんかんの症状を抑えます。

  • ジアゼパム
  • クロナゼパム
  • クロバザム
  • ガバペンチン
  • ベンゾジアゼピン系
  • バルビタール系
  • ビガバトリン

など

新しい作用をもつ抗てんかん薬

これまでとは違った作用で過剰な興奮を抑え、抑制的な働きを強めることで、てんかんの症状を抑えます。

  • レベチラセタム

(2)発作型からみた抗てんかん薬

てんかんの発作型によって使用される抗てんかん薬がある程度決まっています。したがって、てんかん発作タイプを正確に診断することはとても大切です。

部分発作

  • カルバマゼピン
  • フェニトイン
  • ゾニサミド
  • バルプロ酸
  • ラモトリギン
  • レベチラセタム
  • トピラマート
  • ペランパネル

全般発作*

欠神発作

  • バルプロ酸
  • エトスクシミド
  • クロバザム
  • フェニトイン
  • ラモトリギン

強直・間代発作

  • バルプロ酸
  • フェノバルビタール
  • クロバザム
  • フェニトイン
  • ラモトリギン
  • トピラマート
  • レベチラセタム
  • ペランパネル

ミオクロニー発作

  • バルプロ酸
  • クロナゼパム
  • クロバザム
  • フェニトイン

*症候性全般てんかんにはクロナゼパム、ゾニサミドなども考慮されます。特発性全般てんかんにはカルバマゼピンとガバペンチンは使用されません。

(3)その他のてんかんを対象とする抗てんかん薬

  • スチリペントール
  • ルフィナミド
  • ビガバトリン

(4)抗てんかん薬別の効果

一般的に、抗てんかん薬により発作が消失する割合は、最初に飲んだ抗てんかん薬により50~60%、2番目以降の抗てんかん薬で10~20%で、残りの20~30%は抗てんかん薬が効きにくい難治性のてんかんといわれています。
難治性てんかんには、抗てんかん薬を2種類以上併用したり、場合によっては外科手術などが行われます。

抗てんかん薬を中心としたてんかん治療の流れ