てんかんinfo

てんかんを知りたいあなたのために

よくあるご質問

学校・会社について

学校や会社に伝えておくことはありますか?

学校

日中に発作がある場合には、水泳や登山、修学旅行などの行事の際に学校側(担任および養護教諭)にてんかんの診断と症状、発作の頻度、対処法などを伝える必要があります。その際、行事に参加可能かどうかの証明書の提出や家族の同行といった条件がつく場合があります。いずれの場合でも学校の了解が必要なので、事前によく相談し、万が一不測の事態が起こった場合に責任は保護者にあることを了解しておくことが原則です。
また、日常の学校生活の中でも落ち着きや集中力のなさ、不機嫌、軽度の知的障害などの合併や、自動症、意識消失などの症状が現れると、事前にそのことを知らせておくのがよいでしょう。

会社

発作によっては患者自身や周囲に危険が生じる可能性がある場合があります。そんな場合は伝える必要があります。重い症状を持たない場合には基本的に職業選択は自由に行えますが、てんかんだと就職できない・しない方が望ましい職業も存在しますので、よく調べて就職しましょう。


子どもにどのようにてんかんのことを知らせればよいでしょうか?

もし、てんかんだと子どもに伝えずにいると、通院や検査を嫌がったり、服薬を拒否することなどが起こりやすくなります。したがって、「てんかんは薬を長く飲まなければならないが、きちんと薬を飲んで、検査をすればいずれ薬がいらなくなるときが来る」と年齢に応じて子どもにわかりやすくてんかんのことを伝える方がよいと考えられます。
親がうまく伝えられないと思ったときは主治医に相談し、協力を求めましょう。