てんかんinfo

てんかんを知りたいあなたのために

暮らしサポート

学校

学校生活について

学校生活

学校生活を送る上で、規則的に薬を飲むこと以外に特別な注意はありません。ただし、知的障害、運動機能の遅れ、言葉の遅れ、視聴覚障害、学習障害、注意欠陥、多動性障害などの合併症がある場合には、学校側の理解がないと、いじめなどの問題に発展する恐れがあります。学校側に事前に、発作の症状や頻度、対処法について知らせておいた方がよいでしょう。
ただし、学校行事への参加を制限することも、いじめなどに発展する恐れがあるため、発作が起きたとき、直接生命に危険が及ぶような場合以外は、積極的に行事に参加する方がよいでしょう。

学校行事

学校行事へ参加させないなどの制限をすることによって、子どもは差別感を感じ、心理的な負担を抱えます。また、重要な時期に色々な制限をすることによって、その後の社会性や心の発達に影響が現れますので、学校行事の一律の禁止は好ましくありません。その子にふさわしい注意と対応が大切です。さらに、学校側には日ごろから必要な注意を伝え、てんかんを正しく理解してもらうことも重要です。事前によく相談しましょう。

修学旅行・臨海学校・林間学校について

学校行事へ参加させないなどの制限をすることによって、子どもは差別感を感じ、心理的な負担を抱えます。また、重要な時期に色々な制限をすることによって、その後の社会性や心の発達に影響が現れますので、学校行事の一律の禁止は好ましくありません。その子にふさわしい注意と対応が大切です。さらに、学校側には日ごろから必要な注意を伝え、てんかんを正しく理解してもらうことも重要です。事前によく相談しましょう。